年齢肌について

年齢肌といいますのは年齢を重ねる(加齢)により、肌が本来持っている保水力の低下により様々な影響を受けてしまう肌のことをいいます。肌の保水力が落ちてしまい、シワ、たるみなどが出来てしまいます。年齢肌は一般的に30歳以上の方に見られ始めると言われております。

 

しかし、偏った生活習慣などにより、年齢肌が20代から始まる方もいると言われています。そんな、年齢肌の特徴には一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

最も目立つものには、肌の乾燥する、顔がくすむ、洗顔後に肌がつっぱるなどといった症状がみられはじめます。また、年齢肌の対策を怠り何もしないままでいると、シミやしわ、たるみ、くすみといった、肌トラブルを起こす原因となるかもしれません。

 

年齢肌になる理由について

 

どうして年齢肌になるのでしょうか?

 

年齢肌となってしまう理由の主な絵一興には肌のターンオーバーが乱れてしまうことがあげられます。また、肌のターンオーバーが乱れることにより、皮膚にある肌のうるおいを保つ成分が不足してしまうのです。

 

そうなると、コラーゲン、エラスチンといった成分が不足してしまうだけでなく、肌のターンオーバーが乱れることによって、皮膚が薄くなり肌にたるみが生じやすくなります。年齢肌で影響が出てしまう理由のもう一つには筋力の低下もみられます。顔の筋力が落ちることで、肌にシワができやすくなります。

 

肌年齢のチェックとスキンケアについて

 

肌年齢をチェックするにはどういった方法があるのでしょうか?また、年齢肌にはいかにケアをすればよいのでしょうか?

 

肌年齢をチェックする方法

 

肌年齢をチェックする方法のひとつにはアプリやサイトを利用する方法があります。肌年齢をチェックするアプリやサイトには、肌の写真を撮影することで、多様な分析が受けらることができます。数あるアプリやウェブサイトを利用して、その質問に回答することで判断してもらうものもあります。

 

肌の写真と質問の回答内容から分析判断をすることにより、肌年齢を判定します。

 

肌年齢チェックするもう一つの方法は、肌年齢を測定出来る測定器を利用することです。最近では肌年齢をセルフチェックするために作られた測定器が販売までされています。肌年齢の測定器には肌質、水分、脂分、肌のきめを測定することによって、肌年齢を測定して判断しています。

 

年齢肌のスキンケア方法

 

年齢肌のケアにはどのような方法が良いのでしょうか?

 

洗顔については優しく行なうことが大切になります。それは、洗顔が肌に一番負担をかけているからでもあります。ごしごしと強く擦るように洗ってしまうと肌の表面にある角質が厚くなることが原因です。また、洗顔をする時にはぬるま湯を使うことがおすすめになります。実は、冷水を使うことで肌の乾燥を早めてしまうかもしれないからです。

 

洗顔した後に基礎化粧品でスキンケアをすることも重要です。はじめに導入液を使用します。導入液により、次に使用する化粧品が肌に浸透しやすくなるでしょう。さらに、化粧水を使うことで肌に水分をしっかり与えます。そして、美容液を使用します。美容液に関してはうるおい、ハリ、美白に作用する成分が配合されたものを利用することがおすすめです。

 

そして、乳液やクリームを使用することで、しっかり保湿をします。化粧水をなじませてから、乳液やクリームで、肌にふたをするような感じでケアをします。肌にふたをするというのは余計な水分が蒸発して逃げていかないようにするために、うるおいを閉じ込めておくための大切な工程でもあります。

おすすめ

トップへ戻る